ニッカウヰスキー余市工場  2009.5.25    竹鶴政孝  正門 ホームに戻る ひとつ前に戻る 札幌市中央区ニッカバーお薦め案内

ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝は、ウヰスキーは北の風土が育むものという信念のもと、ウヰスキーづくりの理想の地を捜し求め、1934年(昭和9 年)、余市に蒸溜所を建設、現在も昔ながらの「石炭直火焚き蒸溜法」が行われている。敷地面積は150,000m2(約400,00坪 東京ドーム3個分)月曜日のこともあってご覧の通り空いてはいるが園内はチリ一つ無いくらいに清掃が行き届いている。
〜下記画像をクリックすると計38枚の写真が順に拡大画面で表示します〜



シェア